ゆたぽん君(学校よりお父さん?)

本日の授業で

ゆたぽん君の話が出ました

彼のことを知っている中3生もいて

 

「べつに(学校に)行きたくなければ行かなくてもいい どうでもいい」

というのが共通意見のようです。

 

登校拒否(学校に行っていない)生徒の心は複雑で

100人、学校に行かない、行けない、行きたくない生徒がいれば 100の理由があると思います。

行きたくても行けずに悩んでいる子もいると思います。

ゆたぼん君は、

「登校拒否エリート」です。

・・

脳科学者(茂木さん)は 天才経営者(アップル創業者)の例を挙げて

「彼は日本にとって必要な逸材」というようなことを言いましたが 

その意見を聞いてわたしはびっくりしました。

そんなプレッシャーを彼にかけてはかわいそう。

彼は、天才になりたいわけではない。と思う

(もしかしたら 彼は「俺って天才?」と思い始めてしまったかもしれないけど、そう思ったら、その才能を発揮していけばいい。)

 

彼は 

学校に行かない選択をしたのであって、

ただ それだけでしかない

もう一つ

これは生徒にも言ったのですが

ネットにでている ゆたぼん君の 写真の一つが

私が通っていた中学校の 部活の先輩 の顔にそっくりで

彼の写真を見た瞬間

「何やってるんだ ばか野郎、もう来るなよ」

と私たち後輩部員を罵倒する先輩の顔を思い出しました。

 

公表する写真 

大事なんだとおもいます。見る人が その写真を見て どう思うかがわからないのです。

HP(ホームページ)で 責任者(私)の顔写真を公表すべきだという意見がありますが

私の顔を見て 

ますます生徒が来なくなるのではないかという心配もあります。

 

後記①…ゆたぽん君は、学校に行かない選択をした後、学校に行く以上の努力をしているようです。

後記②…(’22年.9月27日記)・ゆたぽん君、日本一周している?何をしているかよくわかりませんが、お父さんが常に一緒なのでしょうか? 

中学生の男子が親父と24時間一緒に過ごすって、結構しんどいと思う、私だったら親父といるより、まだ学校の方が気楽と思うけど、いろいろあるんだな・・