一度だけ生徒をひっぱたいたことがあります

新しく入塾した生徒のお母さんに聞きました。

「この塾をどうして知ったのですか?」

「知り合いのお父さんから聞きました」

「お父さん?」

「はい、お父さんが、この塾に通っていたそうです」

「誰ですか?」

「G・Tさんです」

すぐわかりました。 実名を言ってもいいだろう、「後藤だ」、

3兄弟で、一番上の兄貴。3人とも塾に来てくれた。一番上の兄は特に強く印象に残っている生徒の一人。化学式を無理無理覚えさせようとしたら「よし、覚えるぞ」と素直に言ったことがやけに印象に残っています。

G・T君も含め、塾の生徒を何人か連れて、魚釣りに連れて行ったことがあります。房総半島の冨浦、大房岬まで行きました。その時の彼の言葉が耳に残っています。周りの景色を見ながら

『自然っていいな~』

まだ中学生なのに、ものすごく実感がこもった声でした。

でも、私が唯一、生徒に暴力をふるったのも彼です。

休憩時間、おとなしい講師の先生に対して彼は、馬鹿にするような言動を平気で言うのです。今思えば愛情表現(講師に甘えたかった?)だったのかもしれないけれど、それを聞いた私は むかついて、彼のほっぺたを思いっきりたたきました。

ぴしゃ

彼は驚いたような表情をして、私たちに謝りました。

教師?の暴力は むかつくから 少なくとも私の場合は、むかついたからたたいたのであって、彼がたたかれたことを、どう思っているかなんて考えもしませんでした。ただむかついて、たたいただけ。教師としては失格?

・・

後藤君 船橋東高校に合格。

大学卒業後、セールスマンになって、ちゃっかり電光掲示板(リース)を売りに来ました。・・購入。

後藤君は、この電光掲示板会社をすぐ辞め、今は大手の商社に勤めているそうです。

その電光掲示板、契約期限が切れたとき取り外しましたが、このリース会社、修理も取り外しもお金を取られました。リースなのに。(この会社は現在倒産して無くなっています)

後藤君、時間があったら一緒に釣りに行こうね。連絡ください。